2019年04月07日

朝雲が届く


今日、自衛隊の新聞の「朝雲」が家に届きました(╹◡╹)
3月26日に奄美大島に「奄美駐屯地」、「瀬戸内分屯地」が開設された記事が一面を飾り、日本の防衛空白地域の防衛強化が図られたことが記事になっていた。このことが他国への軍事的抑止力強化につながればいいなと思う。奄美大島にミサイル部隊が置かれることは大きな離島防衛の一歩だと感じた。
米国と中国の新冷戦の渦に日本が巻き込まれないために出来ることは軍事的抑止力を強化することしか今のところない。
他国から軍事面で甘くみられがちな日本の現状を日々の生活でひしひしとは感じない。平和は黙っていても守れない。守ってくれる自衛隊を始めとする機関があるからこそ私たちは生きていけてることを改めて感じた。
とかく軍事面強化は、戦争と結びつけられて考えられがちだが、米国と中国の5G支配をめぐる覇権争いが、中国の軍備増強というハード面の側面を持ちながら進行している以上、日本が関係ないとは、言えないと朝雲を見て感じた。
防衛はなかなか私たちには伝わりにくい分野だが、法律の制限の中で、自衛隊が日本を守るのかを今日をきっかけで学んでいけたらと思う。


  


Posted by ぷくりん at 21:18Comments(0)